ドレスデンへの旅 その6

ミサを見学後、お昼時間になったのでフラウエン教会からエルベ川へ向かう通りでレストランを探します。空いていると思うと高かったりします。
c0076764_672376.jpg
適当なスペイン料理のお店を見つけますが、外の席は一杯。中は空いています。ここで注文の前にトイレを借してと言ってトイレを借ります。これは無料。公共の場所は基本的に有料ということみたいです。
パエリアにしようとすると、こういうところは時間がかかるかもしれないと言うことで聞くと30分くらいということで止めて、すぐに出てきそうなものにします。当然ビールとソーセージも。ソーセージは外のスタンドで焼いているのを持ってくるようです。このレストランはリーズナブルで美味しかったです。
c0076764_6131151.jpg
エルベ川への通り。手前右が入ったレストラン。
c0076764_6134434.jpg
ドレスデンの絵はがき。
中国語は德累斯顿と言うんですね。
エルベ川は易北河
德累斯顿(德语:Dresden;索布语:Drježdźany,意为河边森林的人们,台湾音译为德勒斯登)是德国萨克森自由州的首府,德国东部重要的文化、政治和经济中心。它位于德国的东南方,易北河谷地,南面离捷克边界仅30公里,距捷克首都布拉格150公里
捷克(jiékè):チェコ
布拉格(bùlāgé):英語読みPragueの中国語訳ですね
c0076764_616224.jpg
逆にエルベ川沿いの公園(ブリュールのテラス)から通りを見たところ。フラウエン教会が見えます。文豪ゲーテは「ヨーロッパのバルコニー」とブリュールのテラスの美しさを称賛したとのこと。上海の外滩を小さくして高層建築を無くした感じ。
c0076764_6253338.jpg
ブリュールのテラス脇にはこんなレストランもあります。
c0076764_617386.jpg
アウグスツス橋とゼンパーオペラ。この橋のたもとが広場になっています。
c0076764_6183960.jpg
公園脇の16世紀建造の兵器庫であったネオ・ルネサンス様式の芸術と財宝の殿堂 アルベルティーヌム / Albertinum には偉人の名前が刻まれています。
c0076764_623747.jpg
エルベ川の上流側。流れは結構早いです。トラムが見えますが、来るときはこのカローラ橋を渡ってきたと思います。
c0076764_6285499.jpg
アウグスツス橋たもとの広場。ドレスデン名物クリスマスマーケットはここに出るとのこと。クリスマスマーケットの起源はここだとか。
右端がカトリック宮廷教会真ん中がレジデンツ城 / Residenzschloss。これだけ歴史的建造物が達ち並ぶのはドイツでもここドレスデンだけということみたいです。
[PR]
by arip314 | 2011-05-04 07:04 | 旅行 | Comments(2)
Commented by minamihorie at 2011-05-04 15:48
街並みが綺麗、絵になりすぎですね。
わたしはドイツには行ったことがありません。
一年中で一番いい季節に訪問されていいですね
Commented by arip314 at 2011-05-05 08:29
minamihorieさん、ドイツに入ると町並みは綺麗です。衛星写真で見てみるとまだ、フラウエン教会が工事中だったり、中央駅付近も工事中だったりしました。駅周辺の中心街は第2次世界大戦で壊滅的になった痕跡というのが衛星写真でかいま見れた気がします。
季節的には、これから7月くらいまでが最も良いようです。夕暮れのエルベ川河畔も良いようですが、夕暮れがこの時期で8:30くらいなので、泊まりで行かないと見えません。


<< ドレスデンへの旅 その7 ツヴ... ドレスデンへの旅 その5 フラ... >>