厦門からの出張者

11月に出張に行った厦門の会社から出張者が来ると言うことで、受け入れの準備をしていました。
我々が行ったときは”Welcome XXX”と有ったので、歓迎の準備をした方が良いのかも。

最初の日はホテルへ迎えに行って、会社まで案内しないといけません。

远道而来,你辛苦了。欢迎你来日本访问我们公司。
こう言えばいいと聞いたので使ってみたいと思います。他に気の利いた言葉がありますかね。

その人は中国語と英語しか話せないので、会社の東京事務所の人が誰か付いて来るのかと思ったら、1人で来るとのこと。中国携帯に電話してみて、一応話しは通じているようです。
こういう会議の進行は初めてなので一体どうなるか不安です。通訳できる人を呼ぼうかどうしようか。日本人がほとんどの中で自分が通訳やるハメになったら恥ずかしいし、かと言って英語で進行もできないですが。けど、やはりその人に英語で出張目的を話してもらうしかないような気がします。具体的な所に入ったらある程度仲介に入る必要がありそうです。
その人が中国にいるときの電話会議では中国側に通訳がいてやっていましたが、専門的な話しになると通訳も辛そうです。
[PR]
by arip314 | 2010-12-07 00:06 | 日記 | Comments(2)
Commented by YOKO at 2010-12-08 16:54 x
これは日ごろの勉強の成果を役立てるチャンスですね!
でも通訳の人も苦労するような内容なんですね。
わ~。すごい・・。
Commented by arip at 2010-12-08 23:12 x
YOKOさん、訪問以下を付け忘れましたが通じました。その人は台湾人で桃園に家があるそうです。台湾訛も強くなくて聞きやすいです。難しいところは英語で逃げられるし。夜歓迎会をして、そこそこ楽しんでもらえたと思うので良かったです。
中検2級の中訳で10/20しかとれなくても言いたいことは通じて良かったです。相変わらず声調は外しまくりですが。


<< 闻鸡起舞 退而求其次 >>