蘇州1回目・昆山出張4回目 1日目 上海~蘇州

今回は行く予定では無かったのですが、急遽蘇州の新しい会社に行って欲しいということで、もともと他の人が行く予定だった昆山と合わせて行くことにしました。昆山も前回の出張からおかしな事が起こっているのでその確認のためです。

この時期、中国に行く人は少ないと思いきやチケットが取れません。月曜から行けば良いと思いましたが、満席とのことで仕方なく日曜にずらしました。そしたら中国語ドットコムの万博ツアーと重なってしまいました。行きはビジネスになってしまいました。蘇州へ同行する人は日曜取れず、土曜の夜便になったとのこと。この時点で予定を合わせておけば日曜1日遊べましたね。社内の連絡が良くありません。土曜は横浜美術館ドガ展&横浜国際フェスタへ行って20歳を過ぎての英語のオフ会に参加してました。

c0076764_6564898.jpg
羽田空港はもうすぐ新ターミナルへ。行きに新しく変わっていると戸惑うと思うので良かったです。ビジネスもいっぱいなので、出発ロビーも席が無いし、優先搭乗の列も長くあまりメリット無かったです。
c0076764_6565847.jpg
唯一の楽しみは食事です。和食にしました。普通に美味しかったです。穴子は中文メニューでは星鰻魚と書いてありました。ワインは以前の失敗経験を踏まえセーブしてしまいましたが、この日は日曜なので仕事は無かったです。
機内では映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を見ていました。面白くてずっと見ていて最後はちょうど見終わりました。松任谷由実/ダンスのように抱き寄せたい
ビジネスでは上着を預かってくれるサービスが有るんですね。座る前に預かって降りるちょっと前に出してくれるのを見ました。上の棚に入れるとしわになったりポケットの物が落ちる心配をしないといけないので次回は利用したいです。
隣は西欧人で、我が道を行くやり方でした。食事サービスは受けず、コーラとつまみをもらっていました。テーブルが出せずにいたので、少し手伝うとやはりおかしいのでbrokenと言ってました。中国語は坏了?強くボタンを押すと出てきました。モニターをしまうときも、回転方向をアシスト。読んだ雑誌で自分の気になる記事を破いているようでした。もうちょっと積極的に会話してみれば良かったかも。
虹橋空港では一度見て迎えが分かりませんでしたが、戻って2度目にわかりました。漢字で書いてあると思ったら英語表記でした。Buickの高級セダンで迎え。师傅は英語は聞き難かったですが、中国語は少しなまってますが話せます。車のフロントには万博会場へ入れる証書が張ってありました。これがあると検査が省略されるとのこと。会場への送迎は何回もやっているけど、本人は行ったことがないとのこと。お客さんを接待で連れて行くんですかね。希望すれば連れて行ってくれたのかもしれません。
空港からの高速は蘇州の看板の案内が無くて、しばらくは南宁,南通方向に行く必要があります。
c0076764_76241.jpg
昆山からの距離感はこんな感じ。南京まではかなり遠いです。7月に来たときは蘇州の高速降りてすぐ虎丘に行ってしまいましたが、今回は都市高速を通り市中心部を通る感じで結構走りました。蘇州の近代的な面が見え、かなり大きい都市と実感しました。来年地下鉄ができるそうで、工事の真っ最中です。
c0076764_762736.jpg
ホテルは高新区の新城花園酒店。ここは綺麗で良かったです。前は蘇州体育場で運河を船が车水马龙。左上の方が蘇州市中心部です。
[PR]
by arip314 | 2010-10-23 07:35 | 日記 | Comments(0)


<< 蘇州1回目・昆山出張4回目 1... 羽田新国際ターミナル >>