上海万博旅行 2日目

中国館の予約券はあきらめ、朝、中国語ドットコムで知りあったもとみんさんとErlangさんと東方明珠の有る陸家嘴で待ち会わせました。
合流後、濱江大道から川沿いを東昌路水門まで歩いて行きました。
M1水門→川越バス→ベトナム館→パキスタン料理→韓国館脇料理→韓国館展望台→陝西省館→ベルギーEU館
世博大道→马当路駅から地下鉄で帰りました。9号線を逆方向に乗ってしまいたが、戻る元気が無く、遠回りして帰りました。ホテルで休憩して夕食。どこが良いかちょっとホテルでるるぶを調べると過橋米線のお店が良さそうだったのでそこにしました。結構流行っているお店でした。どうやって食べるかシステムがわからないので聞きました。入り口で注文しビールなどはそこで受け取り後は席に運んでくれるシステムみたいでした。注文後、席を決めるのでどうやってわかるのか不思議です。席に付いていると服務員が半券を集めて料理の注文口へ持って行ってくれるようです。なかなか来ないときは頼んだりしました。普通の米線は10元くらいです。スペシャルが26元。同行者は味が濃いと言ってましたが美味しかったようで良かったです。
その後、お楽しみの疲れた足を癒す足裏マッサージの桃源郷へ。ソフィテル上海を選んだ理由の1つでした。ホテルの隣に有ります。結構人気店のようで、次から次へとお客さんが入って来ます。フロントで60分88元のをお願いしました。お茶を飲んで少し待ちます。日本語の出来るマッサージ師が付いてくれました。マッサージ室は4人部屋でした。部屋につくとお茶と西瓜が出て来ます。始めの時間を宣言して時短がないことをアピール。
途中、足裏の角質取りをやらないか誘うのがお約束のようです。元々やって欲しかったのでお願いしました。追加48元。角質取りの専門士がいてポロポロ落として行きます。時間になると名刺を渡して今度は予約でというのもお決まりみたいでした。按摩技術はしっかりしていると思いました。時間以上の延長のお誘いは有りませんでした。マッサージ師の名刺をもらって終わり。翌日電話したら、そのマッサージ師は休みでした。
足の疲れをとった後、Erlangさんと合流しようとしたらあちらも終わりということでそのままおやすみ。
[PR]
by arip314 | 2010-07-23 06:33 | 旅行 | Comments(0)


<< 上海万博旅行 3日目 上海万博3回目 その2 >>