大連出張5回目 5日目

土曜はさくらんぼ狩(トラブル付き)が有ったので、休みでしたが寝坊するわけにいきませんでした。日曜は時間を気にせず起きて、朝食後市内へ行くことにします。地図を見て、電子城と星海広場を観光することにしました。市内在住のネットで知り合った人と会うのを相談します。その人は2歳の子供の世話をしないといけないので昼寝する午後1時~3時に中山公園が良いと言いました。
9時頃、軽軌駅へ。駅の電子城は大きくないと聞いてましたが、こんなもんで十分かなと思いました。ノートPCを冷やすポータブルファンが有ったので、目を付けました。
軽軌で香炉噍駅へ9:30頃到着。タクシーで長興電子城へ行きます。タクシーの運転手に行き先を告げるのは緊張します。1回目で聞き直され、2回目で通じました。中国基準の運転で遠回りも無く到着。日本だとその前までつけてくれると思いますが、道路事情のせいもあるかもしれませんが、道路の反対に止まります。その辺は賑やかでUNIQLOなんかありました。図書城も一緒になっています。
c0076764_88424.jpg
電子城は広大です。3Fくらいで奥行きがかなりあります。特に買うのも無いので、aPadを探してみます。なかなか見つからなかったのですが、あきらめて帰ろうと思ったらたまたま見つかりました。お店の前を通ると要买什么?の声がうるさいです。999元でした。まず、打折が有るか聞いて見ます。打折の音調間違っていたようで、店員が3-2で言い直して、950元と言いました。店員は日本人の客が多いと言ってました。日本では1200元くらいすると言って強気です。700元を提示すると、そんなにはできない。できて850元が精一杯ということで逃げるわけにもいかずお買い上げしました。メニューをいろいろな言語に設定できるので設定してあげると言われました。せっかくなので日本語にしてもらいました。本体に子のお店でお買い上げシールが貼られました。
他のお店で開発区で見たポータブルのノートPCのファンを見ました。最初、店員はこれが風量が大きいと薦めます。試しに動かしてもらうと、ちょっと音がうるさいです。静かは重要です。小型のノートなので小型のが良いと思いました。これを試してもらうと静かだったので、決めました。大きいのが25元、買った少し小さいのは20元でした。言い値ですが、こういうのもなんとかなるんでしょうかね。新品を出してもらい、動作確認してお買い上げ。後は喜羊羊のマウスパッドなんか買いました。
次は別の階の図書城へ。软件城もありましたが、ほとんどゲームのようでした。図書城は大型書店では無く、小さい書店がたくさん有り、勉強の本がほとんど。小説があるお店もありますが、ほとんど目当てを探すのは無理。
12:00頃202トラムに乗って星海広場へ。トラムの駅には相当人が待っています。乗り方は前の人に習えば良いかと思いました、事前調査では料金は1元。乗る時に1元を箱に入れます。星海広場駅で降りると海風が心地良いです。広場では凧揚げをしています。奥の方にたくさん人がいる様子。途中観光バスが何台も停まっています。バスで来る人はここから歩くようです。先に行くと世界一大きい本がありました。衛星写真から見えるそうです。
c0076764_883593.jpg
観光客がガイドの案内を聞いています。観光スポットのようです。ここで海風に当たるのは気持ち良いです。昼ごはんになりそうなものは無いので、クレープを買いました。日本ではクレープには生クリームが付き物ですが、中国(台湾から来た)は無いんですね。今度中国人にクレープ紹介したら良いのかも。
次に隣の星海公園に行こうと歩き始めました。ところがどうも着く気配がありません。あきらめてタクシーに乗りました。星海公園は一発で通じました。結構走ったので、これは歩いては無理。
星海公園も入り口に人しか入れないようになっています。海水浴場があり、男の人で入っている人もいました。海の家も営業中。ここは観光地というより、地元のレジャースポットです。一通り眺めて帰るときに記念に写真を撮ろうと人を探していると女子学生グループも写真をとりたい様子。向こうからシャッターを押してくださいと声を掛けられました。中国語で何と言われたか忘れました。注文は上半身が写れば良いということで、ズームして上半身にしました。いーあーるさん、ちえずくらい言えば良かったかな。撮り終わったところで逆に押してもらいます。iPhoneのシャッターは画面上で、ホームボタンと間違わないように説明するのがちょっと面倒。知っている人もいましたが。
c0076764_89793.jpg

ちょっと話をすると、1人は日本語専攻で4年勉強しているとのこと。可愛い子でした。その後の待ち合わせもあったのでバイバイして202トラム駅へ。そこで、ああ、連絡先を交換しておけば良かったと後悔しました。
トラムで来た終点まで戻り、201に乗り換え。大連は何故201と202を接続しないのか不思議です。201では隣に座った人がiPhoneを操作しています。本物と思い、ちょっと話しかけてみました。後で考えると偽物だったのかも。電話代は月100元の定額だが、通話は定額を超えると料金が発生するということでした。
私が勝利橋まで行くと話すとトラムは大連駅から先はもう1元必要と教えてくれました。どう払うのか聞くと、大連駅に着いたところで車掌が聞いてくるとの事。201も1元と思ってたので助かりました。隣の人はお年寄りが乗って来た時にもうすぐ降りるからと席を譲ってました。
果たして、大連駅で人が降りるとちょっと先で止まり、車掌が先まで行く人はあと1元払うように言って回っています。自分ではお金に触っていけない規則になっているのか、客に料金箱に入れさせます。
1駅で勝利橋に到着。中山公園で待ち合わせで、何故勝利橋と思い電話しました、北に歩くとのこと。地図を見ると上海路を行けば着きそうです。なるほどと思い、前回出張時に行ったロシア街を後に天津街を横目に通って行くと中山広場に着きました。待ち合わせの人とはすぐ会えました。昼食をまともに食べてないので茶館に入りたいと言うとコーヒーショップなら有るとのことで上島コーヒーへ。パンケーキでも思って、辞書を引いて頼みますが分からないとのこと。ではということでアイスコーヒーと三明治を頼みました。アイスコーヒーは甘過ぎ。その人は今回出張で行った会社で8年間仕事をしていたとのことでした。後で、会社で聞くと覚えている人もいました。その後労働公園へ行きました。公園の中で相亲(結婚相手募集)の紙が地面の上に並べられています。
c0076764_8192180.jpg
これを見て連絡をするらしいです。ただでできるので良いですね。労働公園ではテレビ塔に上って滑り台で降りようと思いましたが、その後の予定を考えると時間が無かったので止めました。リフトと滑り台のチケットは50元と結構します。
c0076764_8145118.jpg

夕食は仕事で付き合っている会社の人と食べる予約を入れていました。
[PR]
by arip314 | 2010-07-11 07:54 | 日記 | Comments(0)


<< 来週は上海出張 上海万博1回目 2日目 その1 >>