大連出張4回目 5日目

この日は頼まれ仕事で重要な会議に参加してパワポを発表。日本語で良いのですが、部分的に中国語で言ってしまい、日本語で説明し直し。面倒なのもあるけど、よく考えると正式な場なので慣れ慣れしい言葉遣いだったら困ると思い、中国語は話さないようにしました。参加メンバーは日中半々くらいです。正式に通訳が付いているわけではないので、会議としてはどうだったか疑問です。会議の進め方としては通訳を立てて、双方完全に理解できるように進行するのが正解なんでしょうね。
このパワポは人が作って現地と調整しないとできない部分だけ私が入れたのですが、大雑把過ぎで肝心なことがまとめられていないと怒られっぱなし・・・ううむ。
自分の代理発表以外の部分でだらだら進んでいるので、途中抜けて別の自分の仕事をして終り頃に戻りました。この後、懇親会が予定されていて、堅苦しそうなのと、本来の自分の仕事をしたいので参加しないつもりだったのですが、誘われ5時過ぎにローカルから帰っちゃうの~と恨めしげに見られながら退社。懇親会は面子が立つよう立派なホテルの会場でした。圣豪渔人码头。中国はこういうところ重視しますね。
c0076764_5442326.jpg
会場まで中国人ばかりの小型バスで行ったのですが、中国人同士の会話になると難しい話はしてないと思いますが聞き取れません。何の話になっているか前提が無いからか、発音がいい加減になるからですかね。会議の発表は割りと聞き取れますが。
料理は東北の海鮮料理とうことでしたが、台湾精緻料理に近い見た目と味と思いました。品数が多く、1/3くらいしか食べられなかったと思います。アワビが有りました。
中国も敬酒の習慣があるか確認したところ、有るということなので、関係者に敬酒したりされたりしてました。白酒で乾杯と聞いていたのですが、日本人が入っているせいか、乾杯もそんなにしなくて、随意で適当に済みました。
2次会があるということだったので、行ってみました。泊まっているホテルが違っていたので、自分たちは歩いて会場に行って待ってらら、別組みも歩いて来てました。そちらのホテルからはちょっと遠いはずなのに。しかも女性も混ざってました。
会場は初日にちょうど初日に来たのと同じところでした。この大部屋はリアプロジェクションモニタで歌詞が見難かったです。歌は口開けに月亮代表我的心から。これは駐在者が最初に覚える歌で、中国人も知っているので盛り上がります。日本の歌は古いのが多かったですが、みんな弾けてました。
私のレパートリーの歌は中国人が一緒に歌ったり、中国人が私のレパートリーの歌を歌ったりするので、一緒に歌わせてもらったりしてました。いくつか知らない局が有ったのでレパートリー拡張用に控えておけば良かったです。
[PR]
by arip314 | 2010-06-17 05:34 | 日記 | Comments(0)


<< Bluetoothブレスレット 大連組歓迎会 >>