昆山出張2回目 3日目

c0076764_7145183.jpg夕食は餃子。前日はイタリア料理でしたが、人数が多いと中華料理も美味しいです。最初は青島ビールでしたが、”女儿红”と言っているのが聞こえました。大きめの急須に入っていました。暖かさが足りなかったので暖めてもらったりしながら結構飲んでましたね。3本空けていました。会計の時にお店からは4本飲んだと言われもめてました。結局こちらの言い分が通って、お店はビールを女儿红に数え間違えたという辺りの経緯が聞き取れました。この辺”女儿红”高いみたいです。大連や池袋のが偽物なのか。写真のは虹橋空港のですが99元でした。女儿红も假的が有るんですかね。
c0076764_7224958.jpg昆山”澳灶面”はそこのお店に無かったので食べられませんでした。会社の人は台湾人なので、”澳灶面”は聞いたことはあるが思い出せないような感じでした。
 灶(zào)の読みは覚え難い。

 ネットで知り合った人と会えるのを期待していましたが、ホテルからはちょっと遠いらしく、こちらも時間が無かったので会うことはできませんでした。ショートメール(短信)を交換しましたが、最後には声を聞くことができました。短信は中国語で書かないといけないのでちょっと面倒なので、短くなってしまいます。中国人は結構長く書きますね。まぁ、日本語でも携帯では余り長く書きませんが。中国人がどうやってショートメール打ってるか見せてもらいましょう。私は携帯でソフトキーボードをタッチペンで拾います。タッチペンじゃなくてテンキーだけで入力できるのかしら。

 最後の日は最初の日と同じカラオケに。同行者は気に入ったらしく3日連続でした。そこがこの辺では一番良いらしいです。数人で行きましたが、他の人は歌う気無くサイコロ振ってました。私が麦霸になってレパートリーを一通り予約。新しい曲は無かったです。麦霸という言葉は中国人も知ってました。どこで習ったとか、そんな言葉も知っているのとか言われました。iMandalinPodやCSLPodのおかげです。
 他の人は残ってましたが、自分の練習分をこなして先に出てきました。100元札しか無かったのでタクシー代を作ろうとして超市に入りました。以前、歯磨きを買ったところでした。だんだん地理を思い出して来ました。茉莉密茶などとCMで見てた蓝月亮のものを買いました。ハルビンに行ったときからずっと買おうと思っていたガラスで2重になっているポットが目に着いたので買ってきました。後は、今麦朗とかのラーメン、お菓子です。レジ袋は有料っぽかったので为了保护环境で自分のエコバッグに入れました。
[PR]
by arip314 | 2010-05-22 06:37 | 日記 | Comments(2)
Commented by Erlang at 2010-05-23 13:40 x
携帯の文字入力は、たぶんだいたいどこのでも同じだと思いますが、テンキーでピンインで入力します。私のNokiaの例ですと、#キーのところに中と書いてあって、これが入力モードの切り替え。アルファベットは1つのキーに3つか4つ割り当てられてますが、日本のケータイのように、同じキーを続けて押して選ぶのでなく、それぞれ必要な文字の含まれるキーを1度ずつ押していくと、組み合わせの中から可能なものが候補で出てきます。例えば、youと入力するには、9(wxyz)、6(mno)、8(tuv) と押すと、候補に you と zou が出てきて、youが選ばれています。既にyouにフォーカスが当たっていて、youの漢字の候補が有又由友…と出ていますので、あとはカーソルキーで選びます。zouの読みを選びたいときは、*キーで切り替え。
これとは別に、筆劃入力というのもあって、文字を書くストロークが縦か横か斜めか点かカギかを順番に選んでいく入力方法もあります。たぶんキートップの12345のところににその刻印もあると思います。
台湾のひとは、ピンインのかわりに、ボポモフォで上と同じような感じだと思います。
Commented by arip314 at 2010-05-23 20:37
Erlangさん、操作方法の紹介ありがとうございます。
#を押して拼にすると同様に操作できました。笔で書き方入力できました。


<< 東京小戀EP15 もう帰国 >>