轮读书活动《狼图腾》 第十二章

大連出張が入ってしまい、後半が手抜きですみません。もっと長い出張なら暇で勉強くらいしかすること無いのかと思いますが…言い訳ですね。
ホテル近くの書店で《狼图腾》は4大名著と一緒に平積みで2冊ありましたが、帰るときは1冊になってました。それをゲットしてきたので、欲しい人がいれば連絡ください。

本文の内容
夜中に狼狩りに出かけます。真っ暗な中、老人は懐中電灯で夜空に信号を発して、狩りの指揮をします。指揮は正確で、空が明るくなる頃にちょうど3方向が小山に囲まれた猟場に狼を囲い込みます。狼は作戦に気づき一番弱いところの突破を試みたところで、老人の”犬を放て!”の声を合図に狩りの開始です。囲み混んだ狼は50匹ほど。馬を殺した狼は崖を伝って逃げて行ってしまいました。狼に殺された犬もいて、攻勢は一進一退でしたが、犬達の活躍で狼をほぼ全滅させました。狩人は誰が何匹狼を仕留めたか正確に覚えていて公平に利益を分配します。
モンゴル草原には家々に救命犬がいる話、漢族は何で犬を食べるかという話が有りました。

気になる表現
马蹄袖:清代男子礼服的袖口,马蹄形。 馬の何かと思っていました。
不曾想:想不到
分晓(fēnxiǎo):事情的底细或结果
班门弄斧(bānmén nòngfǔ):身の程知らず
影响:传闻的
没准:说不定;不一定。
赶紧跟山里的人
接头:<口>接洽;联系
制高点:军事上指能够俯视、控制周围地面的高地或建筑物等。
就算不了。
赖(lài):<口>不好
只要他领头,猎手们就都懒得去。 2重否定
领头:<口>率领、(~儿)带头
懒得:想;厌烦;愿意
即便少数在平地上比狼跑得快的猎狗和杆子马,一到爬坡就追不上狼了。
即便:即使 假设<書>
杆子马:蒙古牧人套马时所乘之马,又因套马需用长杆高挑着皮圈去套,故名。

c0076764_20324.jpg陈阵从怀里掏出几块/大白兔/奶糖,奖给两员/爱将。
爱将:宠信的将领
将领:高级的军官 こういう軍関係用語が結構出ます。
次回中国行ったら大白兔奶糖探してみますか。
人们就地休息。
就地:就在原处(不到别处)、现场という意味みたいです

毕利格老人说这是公平的,狗应该感谢狼,要是草原没有狼,牧民也用不着家家拿那么多的肉养那么多狗了,生下的小狗崽都得被扔上腾格里去了。
ここの部分を放送では毕利格老人の声色してないですね。2010/01/16放送分の50分40秒です。某所ではセミコロンで区切っていたせいでしょうか。紙の本では:で区切っています。

宁可让狼咬死,要留在草原。 宁可~也 試験頻出ですが、実際はこう使うんですね
乱搞乱配 何となく意味は分かりますが、普通は使わない言い方のようです。

次は4月26日乙矢杏さん、お願いします。
関連記事まとめ
中国語レッスン 第84回 ≪狼图腾≫第十二章 その1
中国語レッスン 第85回 ≪狼图腾≫第十二章 その2



この章は狼狩りの罠を仕掛ける話に続いて、狼狩りのキーポイントかもしれません。草原にいる狼をどう追い込むかがわかります。
猟場は盆地の3方が山で、山の後ろに騎馬隊を待機させ、開いているところから半月状から段々包囲網を狭めていく。馬を殺した狼はさすがで土地の性質を利用してうまく逃げていきます。包囲網は何重かになっているのですが、狼は罠に落ちたといえども、猟犬を狙って固まって肉を切らせて骨を断つ「捨て身の戦法」を取ります。中国語は以轻伤换重伤,以重伤换敌命。これで、猟犬が次々やられていきます。この情勢を見て老人は巴勒を出動させます。ここで”陈阵和杨克立即明白老人的意图”したのはさすが”半个蒙古人”。二郎も加わり形勢逆転。
”草原狼脖子短粗”狼の首に注目したことは有りませんでしたが、動物園に行ったら注意して見たいと思いました。套马杆は首にかけるのではなく、後ろ足にかけ転がし、飛び降りてすぐに縛り付けて叩き殺すか、猟犬に咬み殺させる。狩人は3~5人でチームを組んで狼を殺していく。その後の、沙茨楞の活躍はシーンが思い浮かびます。
[PR]
by arip314 | 2010-04-19 00:37 | ガジェット | Comments(0)


<< 大連出張3回目 2日目 大連出張3回目 1日目 >>