広東省出張 中山→东莞

朝 1人来ないということで、部屋に確認に行くとピックアップ時間を知らされていなかったということで15分遅れくらいでした。彼は米国人で車で隣に座ったのでいろいと話しかけてきます。綺麗な英語ですが、今のところ英語はすぐに出てこないので、聞くのも怪しいですが適当に返事します。やはり、海外に行くといろんな人が関係しているんだなと感じます。英語の会話力アップが当面の課題です。彼のように綺麗な英語は少ないでしょうね。
午前中ちょっと仕事して午後からまた東莞へ白タクで移動。運転手は重慶人でした。途中、ナンバーの付いていない車が有って違法じゃないか聞こうとしたのですが止めました。あとで調べるとナンバーが取れるまで仮ナンバーをダッシュボードに置くシステムがあるとのこと。この辺のナンバーは粤。中山→東莞はスムーズでしたが、反対は20キロ以上の事故か何かの大渋滞。高速バスの展示会さながらにいろんなバスがありました。高速代入れて移動は350元~400元だそうですが、行き先の地理に詳しい司机に頼む必要があるようです。場合によっては乗り換えが必要とか。
東莞市街はちょっと渋滞したので15分遅れくらいで到着すると、私待ちで会議が準備されていました。日本人は1人で中国人に囲まれて怖かったです。(^_^;英語の資料を中国語で説明。会社の日本窓口の人が付いていてくれたので、いくつか分からない単語を聞いたりしましたが、香港の会社だから別に英語のままで良かったですね。途中、参加者は広東語で話しています。私に聞くときは普通話を使っていました。日本窓口は広東語、普通話、日本語、英語を自由に操り太厉害!普通話も綺麗です。
ここは香港の会社ということで基本は広東語で話しています。普通話で話しかけると、普通話で返してきます。
c0076764_1838135.jpg

この辺は街の中心で良い感じです。出社時はお店が閉まっているので残念。夜は付き合いがあるし。


前日寂しい食事だったので、日本人出張者で鍋にしようということになりました。小肥羊は39元食べ放題をやっていて30分待ちということで止めて、四川火鍋へ。辛いのと辛くないのの半々。辛いのはめちゃ辛い&麻ですが、美味しいです。けど、他の味が分からなくなってしまうので、辛いのを少な目で食べました。最後に辛くない方に麺を入れますが、油のタレにスープを入れるとこれが美味しい。

この日は何日か前に頑張っちゃったらしく皆は解散。私はアテンドにマッサージを紹介してもらいました。何かあったらということで携帯番号を聞いておきました。技術はそこそこでしたが、TVを見ながらだったのがいまいち。服务态度不太好。たまたま、私が桂林Tシャツを着ていたのですが桂林人ということでした。60分全身オイルで140元。
ホテルピックアップの時間を聞くの忘れ、アテンドに電話して聞きました。時間を知らないと今朝の二の舞になってしまいます。
[PR]
by arip314 | 2010-01-19 06:35 | 日記 | Comments(0)


<< iPhoneで≪狼图腾≫第二章 Lesson-143 「皆さん... >>