上海出張 羽田-昆山

浜松町からモノレールで羽田第2ターミナルを目指します。大連で乗った路面電車がモノレールと似ていると思いましたが、モノレールの方が広かったかも。予定通り8:07分にターミナルビル駅着。
Erlangさんに聞いていなかったら国際線ターミナルへ行くのに迷ったと思います。第2ターミナルで無料連絡バスに乗るのにエスカレーターに乗ったら1階で降りられず2階へ行ってしまい、改めて1階へ下がりました。ここで少しロス。クリスマスツリーがありました。
c0076764_8105422.jpg
バスの案内アナウンスの中国語間違ってますね。ターミナルビルは”终站楼”と言ってましたが、飛行場のターミナルビルは正しくは”航站楼”。中国人担当は”航站”と原稿を書いたけど日本人上司がチェックして辞書に無いから変えろというので、日本語でも意味がわかる”终站”に変えさせたと見ましたが、どうでしょう。
国際線ターミナルは20分くらいで手続きが終わりました。新潟空港より大きく大連空港より小さいです。JAL便の虹橋行きも間に合います。ソウルや北京も羽田から行けるんですね。待合室は賑わってましたが、9:00台の便が終わるとかなりすきます。
映画プログラムは前回と同じだったので”火天の城”の続きを見ました。機内食はハンバーグでした。いけました。機内食を食べ終えてルートマップを見るとまだ九州から抜けきっていません。福岡上海だとだいぶ近い?
c0076764_8115639.jpg

中国・上海虹橋に着くとこちらもそんなに大きくないのでスムーズに手続き終わりました。出口で迎えを捜します。自分の名前が書いてあると思ったのですが、見つかりません。会社名だけ書いて有ったプラカードを持っている人がいたので聞いたら日本語で会社名を言われたのでそうみたいでした。まだ、間違ったらどうしようという感じはありましたが空港から出て車の向かう方向は蘇州方面で正しそうなのでだんだん大丈夫と思いました。運転手とはそんなには話はしませんでしたが、そこそこは聞き取れました。安徽省の人だそう。日本語ができるかどうかは聞きませんでした。
途中、高速に浦東空港の案内が出て来たので、浦東空港へ寄ってピックアップがあるのかとビビリました。また、浦東空港の方が近かったのかと思いましたが、その看板から50kくらい離れているとのこと。
中国へ着いて会社に連絡するように言われていたがうまく繋がりません。キャリアを見ると2つ有ります。どちらもOKなんでしょうかね。
c0076764_8165581.jpg

電話はできませんでした。後で調べると+86を付ければ掛かったかもしれません。
運転手にまずホテルへ行ってから会社に行くように伝えたらそうしてくれました。途中、高新開発区の案内板を右に見ながら昆山市内へ。市内の道路は広く、区画整理されています。
ホテルのチェックインは日本語のできる雰囲気は有りませんでした。予約名が自分の会社名では無く、訪問先の会社になっていました。訪問先会社の中国名をはっきり覚えていなかったのでちょっと後悔。漢字をパターン認識していたので、音から漢字を想像し答えました。中国語できない場合どうするんでしょうかね。英語と筆談なんでしょうか。
チェックインの間、運転手には外で待っていてもらい、訪問先の会社へ。どこへ行けばいいのかわかるか不安でしたが、運転手の電話「あと2分で着くから迎えに来て」というのが聞き取れたので安心。ちゃんと迎えが来ていてゲスト用の事務所に着きました。こちらの会社の方がうちよりずっと綺麗。
相手の会社の誰と話しすれば良いかも分かりませんでしたが、長目に滞在している同じ会社の人が打ち合わせを手配してくれていて助かりました。
[PR]
by arip314 | 2009-11-28 08:45 | 日記 | Comments(0)


<< 上海出張 昆山1日目 上海土産 >>