大連出張2日目

2日目の朝は遅刻しない様に慎重に目覚ましをセット。起きるのは大丈夫でした。朝食はホテルのビュッフェで。4星級ホテルは安心して食べられます。いろいろな国の人が泊まっているのになぜか日本語で挨拶されます。日本人を醸し出しているのでしょうか。

月曜は通常出勤なので、日本に出張に来た人達と数ヶ月ぶりに直接会いました。午前中は帰りの飛行機の時間を気にしながら先発隊の成果のクロージングミーティング。午後は実際の作業に入りますが、必要な機材が無かったり、工事が済んでいなかったりが判明。現地スタッフは、それ来る前に言ってくれなくちゃとかいう感じ。必要な機材と工事カ所を決める。決まれば動きは早い。ただし、工事は見積もり→発注→工事となるので早くて明後日。機材はとりあえず手に入る物を手配。いつ入手できるか分からなかくて、準備した予備機で作業を始めたのですが、こちらも素早く夕方には入手。
試験を始めると先発隊の仕事不足が判明。日本に連絡して文句を言うが、休み中なのでどうにもならず、翌日出社してもらい対応をお願いする。こんな感じでした。

7:00頃に退社。現地メンバーの誘いを期待していたのですが、特に有りませんでした。日本出張時に今度は中国で・・・というのは一言为定ではなかったのかしら。

帰りの車が大通りへ出ようとすると公安がいて別のルートへ回ります。聞いてみると大連服飾祭りのパレードが有って大通りが通行止めの時間帯とのこと。通行止めはかなり広い範囲で裏通りは渋滞でクラクションの嵐でした。ホテルへ車が着けない様子だったので付近で下ろしてもらい歩きました。

パレードが始まり、見ることができました。横浜みなと祭りのパレードのフロートのみ版と考えるとイメージが沸くと思います。「祝贺第20届大连国际服装节圆满成功」と書かれています。
c0076764_1955224.jpg
以前は1時間以上やってたとのことですが、1時間足らずで終了しました。なかなかちょうどこのパレードに当たることはないと思うので貴重でした。
c0076764_196271.jpg

c0076764_19153875.jpg
ホテルに戻り同行者と夕食へ。適当に中華の海鮮料理店を探そうということになりました。さぁ探そうと思ったところで何でもできるよというお店の呼び込みに引っかかり中へ。
普通の中華屋と思ったのですが、鍋屋でした。昨日も鍋だったので哎呀!ここは火では無くて、各テーブルに電気の鍋があります。肉は頼まず海鮮を選びました。野菜はどれが良いか分からないため、無難に日本と同じ物を注文。
混沌や水餃子を食べてなかったのでメニューを見ると18個とか30個とかあります。ハルビン餃子事件を教訓に半分頼めるか聞くがだめとのこと。ではと言うので頼んだら超迷你サイズでした。銀杏くらいの大きさと思ってください。恐るべし中国。この日は1人70元くらい。自分たちで選んだお店はちょっと不満足で高かったでした。後で聞くと結構人気のお店ということでしたが、この日はそんなに客は入っていませんでした。現地スタッフと行けば正しい注文ができたのかもしれません。
[PR]
by arip314 | 2009-09-29 00:21 | Comments(2)
Commented by Erlang at 2009-09-29 13:07 x
おや、ファイルのアップロードの順番間違ってましたか?
パレードは偶然うまく見られてよかったですね。
Commented by arip314 at 2009-09-30 01:25
Erlangさん、そうです。間違えました。しばらくしたら後で、調整します。この日皆、早く帰ったのはパレードを見るためだったのかもしれません。大連では後はアカシヤ祭りが有名なはずです。


<< 大連出張4日目 シゴトの中国語 速習パック >>