村上式シンプル英語勉強法

iPhoneを注文して設定待ちの間、ぶらぶらしていたら目について共感できるところがあったので買ってしまいました。短いのですぐ読めます。
納得いかないところ
手を使って書かない-能の複数の箇所を使って覚えた方が効率が良いのではないか。私は書き取りはほとんどやっていないけどパソコンで見たりしていればそこそこは書けるので、書かないと覚えられないというのはそうでもないのかもという気はします。村上さんもタイプは必要と言うことだったので。
1日1万語見る-どういう単語帳を見ているかわかりませんが、一度見たのをそう何回も繰り返すのは時間の無駄の感じがします。覚えた単語は除いていくなら納得できますが。
[PR]
by arip314 | 2009-07-02 06:16 | 日記 | Comments(2)
Commented by at 2009-07-02 19:55 x
1)は正しいかどうかは言えないです。僕もよく書きますが、実際効果は今一つですね。原因は多分、読みながら見て書くのは脳の複数個所を使う利点がありますが、逆に、だんだん注意力は書くこと自身に集中してしまい、記憶したいものから離れる感じがありますね。
2)1万語は誇張しすぎるですが、確かにそうです。一日たくさん単語を覚えて、近々復習する勉強法は有効です。なぜならば、たとえば、1日100語を勉強しますと、80%忘れてしまっても、20語を覚えました。逆に、1日5語を勉強すると、80%覚えても4語でしょうか。言語の勉強はたくさん、反復のが秘訣ですから。
Commented by arip314 at 2009-07-03 07:11
俺さん、確かに書くことに集中してしまうかもしれませんね。書き取りしていて知っている漢字を書くのは無駄の気がしています。分からなそうなところだけにすれば効率が良いかもしれません。


<< 第68回 中検2級 発着信履歴の個別削除 >>